和歌山市で外壁リフォームを一番安くするにはこちらがおすすめ

和歌山市で外壁リフォームを安くするにはネットで簡単に業者をもつけることができます。

 

和歌山市の外壁リフォーム業者の中から一番安いところを選んでもいいですし、相場を見て検討するのもいいでしょう。

 

とにかく簡単に一括見積もりが無料でできます。

 

外壁リフォームの素材

外壁リフォームの素材として使われることが多いのが、シリコン・ウレタン・アクリルの三種類です。

 

外壁リフォーム後の見た目に限っていえば大きな違いはほとんどありません。

 

しかし耐用年数に関しては大きく違ってきます。

 

アクリルは約4年の耐用年数と他の塗装素材と比較すると圧倒的に短いのですが、その代わり価格が非常に安価です。

 

しかし耐用年数が短いということは、何度も塗り替えなければいけません。長い目で考えるとコストが非常にかかるものになります。

 

ウレタンは耐用年数約10年とそれなりに長持ちします。

 

アクリルと比較すると値が張りますが、耐用年数から1年あたりの価格を割り出すとそこまで高くはない塗料素材です。

 

他にも塗膜が光沢・肉もち感、付着性に優れている為、高級な仕上がり感になります。

 

しかしウレタンは紫外線に弱く、変色してしまうことがあります。

 

最近は改良されたものも出回っているようですが、素材そのものは変わっていませんので変色が気になる方は避けた方が良いかもしれません。

 

シリコンは耐用年数約15年とも言われ、三種類の中では断トツで長持ちします。

 

その分値段は高くなります。しかし600度の熱のにも耐える高熱耐性と、汚れを寄せ付けない特性があります。

 

一度にかかる金額は高いですが一度塗装してしまえばしばらく安心ですし、メリットが多いのも魅力的な素材です。

外壁サイディング

ここ数年で人気になっている外壁サイディングというものをご存知でしょうか。

 

現在の建物の外壁は本当に様々な種類がありますが、その中でも人気になっている理由をまとめました。

 

サイディングとは外壁素材の一種であり、セメント質と繊維質を主な原料として作られた外装材で壁に貼って利用します。

 

サイディングは表面に耐候性の強い表面塗装が施されていたり、ジョイント部には防水シーリングが打たれているので建物全体を外部の影響から防いでいますが、実はその塗装やシーリングは永久的な物ではありません。

 

それらの寿命はだいたい7〜8年で定期的な点検とメンテナンスが必要ですが板の張替えを行うようなものですので、手間があまりかかりません。手間があまりかからない分、施工時間が短く済むのでその分だけ工費も安くなるので人気になっています。

 

また色・柄の種類も豊富でデザイン性に富んでいるので、きっとお気に入り物もが見つかるはずです。

 

その上、軽量で耐久性も優れてますし建物の耐震性能も高めてくれる効果があります。

 

しかし熱を吸収しやすいというデメリットがあり、室内は夏は暑く冬は寒くなりやすい傾向があります。

 

しかしデメリットよりもメリットのほうが多く、建物の外観をおしゃれにしたいという人たちから圧倒的な支持を得ている外装です。

 

サイディングも5年以上たつと経年劣化で外壁リフォームを検討始めたほうがいいです。

 

和歌山市,外壁リフォーム,安く

外壁リフォームの足場

工事現場で見かける足場にも実は種類があるということをご存知でしょうか。足場が違うことでその建物の仕上がりに差が出る可能性もあるくらい、
足場は重要なものになります。どのようなものが良い足場なのでしょうか。

 

足場には主に単管足場と単管ブラケット足場というものがあります。

 

単管足場は単管というパイプを2本合わせて組み立てる足場です。パイプ2本の上に足を乗せて作業するので作業中も意識して作業しないと、パイプとパイプの間に足を滑らせてしまうという危険性があります。

 

塗料缶をパイプの上に乗せて作業することも出来なくはありませんが、バランスを取るのが難しいので作業しやすい足場とは言えません。

 

しかし、組み立てが簡単で期間もあまりかからないので、工期や工賃を抑えるために使用している業者もあります。

 

もう一つの単管ブラケット足場は単管パイプにブラケットという金属を装着し、足場板を敷いてその上で作業する足場です。

 

街中の工事現場でよく見かけるのはこちらのタイプです。

 

単管足場はパイプだけですが単管ブラケット足場は足を乗せる板があるので、バランスが良く作業しやすいという特徴があります。

 

欠点は、ボルトを使って組み立てるので、しっかり組まないと揺れてしまう点です。

 

また、ハンマーを使ってブラケットをがっちりと固定するタイプもありますが、こちらは一番安定感もがあり、作業しやすい足場として人気です。

 

とび職の方たちは外壁の塗装をするときに同じ場所を往復します。塗装は1回塗れば終わりというわけではなく、水洗い・養生・下塗り・中塗り・上塗り・養生はがしといった手順があり、1か所を何度も行き来して作業をしなければなりません。

 

不安定でぐらつやすい足場だったり、高さが不十分で届かない、逆に高すぎる足場では、工程1つ1つに対して丁寧な作業をする余裕はなくなってしまいます。

 

言い換えると足場は、質のいい工事をするためにしっかりと良いものを見極めて使う必要があります。

 

和歌山市,外壁リフォーム,安く